貿易事務へ転職する前に知りたい基礎知識を叩き込もう

若ければ若い程いい

貿易事務の場合、業界未経験者だったら若ければ若いほど有利です。転職活動を始めるなら、遅くても20代後半でしょう。30代からの転職は、即戦力を求めたがるので未経験者は中々採用されません。

貿易事務に向いている人

トラック

事務処理に必要な能力がある人

貿易事務の仕事は、ルーティーンに沿ってコミュニケーションをとり、書類作成を行ないいます。また、搬入時に関する手続きもミスなくこなす必要があるでしょう。取引先が複数ある場合は、自分一人でテキパキと手続きを行なわなければなりません。書類作成時は、大きな金額が発生することもあるため書類上のミスは絶対に許されません。こういったことから事務処理能力が非常に優れており、且つマルチタスクを間違いなく正確にこなせる方が向いているといえます。

英語ができる

担当する業務によって英語力が求められるかどうかに分かれますが、基本は英語のスキルはあった方が転職に役立ちます。輸出入関連の書類には、英語で説明書きがされていたり、英語で表記が必要な場面があったりするからです。取引先のほとんどが英語でのやり取りになるでしょう。また最近は英語だけでなく、他の国の言葉が喋れる方も優先されています。

業務を円滑に進められる

貿易事務の経験がある場合は、見積書や請求書の作成、受発注の書類作成を任されることがあります。他にもデータ入力や国内の輸送業者の手配も貿易事務の仕事となります。納期や出荷の調整も業務の一つなので、業務を滞りなくこなす能力と説明スキルは必ず必要となるでしょう。

貿易事務へ転職する前に知りたい基礎知識を叩き込もう

男性

転職にあると嬉しい資格

貿易事務の仕事をするなら、貿易実務検定試験の資格があると本採用にグッと近づきますよ。この試験では、貿易事務をする上で必要な知識と、実務能力をはかるための重要なものとなっています。貿易事務のスタッフを目指すなら、まず始めに取得したい資格です。

物流

面接のコツ

面接対策に、聞かれたことに対してどう受け答えするか、真っ先に考えると思います。しかし、聞かれる内容は決まっていても、面接官へ質問をするという方は圧倒的に少ないです。コミュニケーションが重要になる中で、積極的に質問をする姿勢は後でプラスに働きます。何もないではなく、思い切って質問しましょう。

未経験者でも大丈夫

貿易事務に転職したいけど、事務の仕事自体初めてという方は応募者の中にもいらっしゃいます。企業側は、初心者でも素質があれば採用したいと考えているでしょう。また、未経験者でもスキルアップできる研修制度を利用すれば問題ないので、初心者でも活躍場所は用意されています。

広告募集中